もらってうれしいカタログギフト

最近、結婚式の引き出物や内祝いなどでカタログギフトを頂くことが多くなりました。
私の場合、最近では、内祝いなどでギフトをもらう場合の半分以上がカタログギフトで頂いているようです。
以前は引き出物などのギフトといえば、食器やタオル、シーツなどが多かったようですが、最近ではカタログギフトの人気が高まっているようです。
結婚式などで出席してくれる方は、年も違えば家族構成もバラバラなものです。1種類のギフトでは、来てくれたお客さん全員が満足するかというと疑問です。

カタログギフトなら、好きなものを選んでもらえ、また、荷物にならず、遠方から来てくれているお客様でも持ってかえるのが手軽という点で人気のようです。
そんな、カタログギフトの内容ですが、最近ではその中身も多様化してきているようです。食器やタオルなどの日用品だけでなく、食品なども選べるようになってきています。私も結婚のお祝いを頂いた内祝いとして、カタログギフトを贈ったのですが、食品が含まれるカタログギフトを選びました。
カタログギフトの食品といえば、高級なものやおしゃれなものがほとんどで、普段の生活ではなかなか購入する機会のないものがほとんどなので、
この機会にぜひ試して欲しいと思ったからです。

先日、いとこの結婚のお祝いを贈ったところカタログギフトが届きました。その内容に驚きました。
北欧のグッズが厳選されたカタログギフトだったからです。以前はこういった、セレクトショップ的なものはほとんどなく一般的なものがほとんどだったのですが、最近ではこのようにこだわりのあるカタログギフトというものあるようです。
北欧といえば、高品質でおしゃれというイメージもあり、最近日本では特に人気があるようです。
北欧の素敵な食器などにもとても引かれたのですが、その中から、私が選んだのは以前から欲しかったシリコンスチーマーでした。
2週間ほどでシリコンスチーマーが届いたのですが、しっかりとした良いもので感激しました。
電子レンジで簡単に蒸すことができるほか、オーブン料理にも使えるということでとても役に立っています。
カタログギフトを送る際に便利な点としてインターネットで簡単に注文できるというのもあります。
わざわざ、店頭に向かって面倒くさい手続きをすることもなく自宅から注文できるので、忙しい方にも良いようです。
これから、お祝いなどギフトを送る機会がもっと増えていくかと思いますが、カタログギフトは内容がどんどん洗練されているのもあり、これからも使いたいギフトの一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*