カタログギフト選びのコツ

カタログギフトは、贈る側にとっては非常に便利なものだと思います。特に大人数にお返しをする時には、お返しの金額さえ決まれば注文できてしまい、個人個人の好みを考えて悩む必要がありません。
けれども、もらう立場になってみると、手放しで喜ぶことができるとは限らないのがカタログギフト。
贈る時にはいくつかのポイントに気をつけて、できるだけ相手の方に気持ちの伝わる贈り方をしてみましょう。

まず、引き出物 カタログギフトを贈る際に考えなければいけないのが「金額」です。
例えばお祝いのお返しである内祝いであれば、頂いた金額の3分の1から半額のお返しをするのが基本です。
ということから、1万円いただいたお祝いのお返しに5000円の品物を用意したいと考えた時に、5000円のカタログギフトを選んでしまいがちですが、ちょっと待ってください。
実は、5000円のカタログギフトにのっている商品は、市価5000円のものではありません。
もちろん、精肉店等でよくみられる、個々のメーカーが発行しているカタログギフトであればその限りではなく、普通に売られている値段と同じ値段でのっていることも考えられますが、通常は、手数料送料を含めて「5000円」になる品物がのっています。
そのため、5000円の品物のつもりでみてみると、ちょっと安っぽく感じてしまう場合もしばしば。
だからといって極端に値段の高いカタログギフトを贈る必要もないと思いますが、カタログ商品のラインナップは、贈る前に、お返ししたい金額に見合ったものがそろっているかどうかチェックしてみるといいでしょう。
利益率の問題なので、一般的には、値段が高めのカタログギフトのほうが相応感があります。また、どちらかといえば高級スイーツなどは、もともと値段のつけ方が見た目だけではわからないといったこともあり、極端に安くみえたりはしないのではないかと思います。

金額の観点からいくと、品数が多いというだけでカタログギフトを選ぶよりは、少なめでも相応感のあるものを選んだほうがいいかもしれません。
数が多ければ多いほど、確かに相手方の欲しいものがある可能性は高くなりますが、あれ?と思うものも多くなる傾向に。
1万円以上になると数が多くても豪華さが薄れませんが、1万円未満かつ迷ってしまった時には、グルメ系のカタログギフトをおすすめします。
食品のカタログギフトはカタログ写真との相違も気にならず、ご家族やご友人と楽しんでいただけるという意味でも、非常に有効な贈り物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*